2022年9月10月のリザストの変更点リスト(作成進行中)

50代前後から小さく起業する女性を応援してきたジョイライフのヤマガミです。
『小さな起業』『ひとり起業』『ひとり社長』を本気で頑張るパソコン苦手な女性を応援しております。

リザーブストック(リザスト)が気がつかない間に、変更点がありますので、気づいた時に備忘録的にメモしておきます。
なので9月10月の変更点としていますが、9月10月に変更に気づいた点となります。

目次

メールが届かない場合にチェックするのが@reservestock.jpのアドレス

お客さまにメールが届かない場合、原因は色々ありますが、2022年9月にチェックしてほしいのはこちらです。

【全体設定】>【プロフィール】>【@reservestock.jpのアドレス】

全体設定からプロフィールの項目を開けると『ご注意ください:メールの送信元アドレスをしてください』の警告表示が出るようになっていました。

ご注意くださいこの設定をしないとメールが届かなくなることがあります』と表示されていますので、メールが届いたり届かなかったりするときに、チェックするのが【@reservestock.jpのアドレス】の設定です

お客さまに届けるメール元を【・・・@reservestock.jp】に設定しておくと、送信先のメールシステムが迷惑メールではない…と判断してくれるかも知れないので、以前は任意で【・・・@reservestock.jp】のアドレスを使えるようになっていました。

ところが現在は任意ではなく、強制(必須項目)になっていました。
【・・・@reservestock.jp】で送信したら迷惑メールボックスに入らないというわけではありません。

残念ながら送信先のメールシステムが『迷惑メール』『プロモーション(Gmail)』と判断してしまうと、自動振り分けされてしまいます。
でもこの設定をしなければ、迷惑メールボックスにすら届かない場合があるようです。

着物倶楽部時代

私からのメールは2回目以降はプロモーションに必ず振り分けられると仰っていた方もいました、

個別予約の価格を入力していないメニューに注意喚起が表示

こちらは少し前から仕様が変わって注意喚起されるようになっていた項目です。

個別予約の無料メニューに価格を入力していないメニューに対し、注意喚起の赤いマークが表示されるようになっています。ある日❗️がたくさん表示されていて何事かと思いました。

メニュー名をクリックすると『ご注意ください:契約サービスに関連付けない場合は価格を設定してください』という表示が出ていました。

とにかく無料のメニューに対しては必ず『0円を設定』しなければならないようです。

そして一度『0円』を入力してしまうと、無表記には戻せなくなります。

個別予約でメニューごとに入力項目を編集できるようになった

【個別予約】でメニューごとに入力項目を編集できるようになっていました。
これはとっても便利です。

これまでは【個別予約】の【個別予約の設定】で個別予約のメニュー全体の【入力項目の編集】をするしかありませんでしたが、これからはメニューごとにも【入力項目の編集】を設定することができます。

まずは入力項目を個別に設定したいメニューを選択します。

ここで【入力項目の編集】をクリックします。

【このコース固有の入力項目を設定する】をクリックします。
※一度でもこのボタンをクリックすると、次回から下記表記は表示されず、【個別予約の設定】画面になっています。

入力項目の編集画面に変わりますので、このコース固有の入力項目を作成することができます。

もしコース固有の入力項目を削除したい場合は、下の方にある【入力項目の設定を削除して共通の設定を使う】をクリックして削除します。

お試しでこちらの【個別予約の設定】を作成した方は、削除しておくのを忘れないでください。

リザーブストック(リザスト)無料プランでの管理画面が変更

あと、8月末か9月始めくらいだったと思うのですが、無料プランでの管理画面が変更となりました。

新しい無料ガイダンスを開催しようとしていきなり画面が変わっていたことを思い出しました。

左がこれまでの初期画面で、右が新しい初期画面です。

それに続いて以下の画面も右のように変わりました。

そして現在の初期画面はこちらです。

【目標メルマガ読者数 あと50名】と表示されています。

これまで、リザスト初心者様には『とりあえずメルマガ読者50名になったら、有料プランに切り替えてメルマガをしっかり届けていきましょう!』と説明していたので、『50名』という目標は感覚的にはしっくりくる数字です。

【メルマガ読者を増やしたい】をクリックすると以下の表示に切り替わります。

メルマガ読者を増やす施策として【ステップメール】【ファストアンサー】【ファストスコア】【クラウドファンディング】などのツールを使いましょうと案内するようになりました。

またこの時点で【イベント新規作成】をすると以下のような表示が出るようになりました。

『メルマガの読者(見込み客)が少ないためイベントを作成しても集客ができないかも知れません。・・・・』

リザストを使い始めた初期の頃、メルマガ登録者数を増やすことを頑張ってほしいとの思いなのでしょう。
このような注意が表示されるようになりました。

この他にも変更点を、また気づいた時点でアップしてまいります。

決済連携にスクエア(Square)とゼウス(ZEUS)が導入されました

決済連携にスクエア(Square)とゼウス(ZEUS)が導入されました。

これは少し前から、Stripeでは禁止されている業種があるため、アカウントが凍結されることが起こっていたそうなので、他の決済機能が連携できるのは良いですね。
(PayPalでも急な売り上げアップにより一時的なアカウント停止があるようです。)

【全体設定】>【決済システム連携設定】という項目に、スクエア(Square)とゼウス(ZEUS)が増えています。

ここから【スクエア(Square)】【ゼウス(ZEUS)】の設定をするようになっています。

【スクエア(Square)】の設定画面はこちらです。

【ゼウス(ZEUS)】の設定画面はこちらです。

まずはスクエア(Square)とゼウス(ZEUS)に申し込みアカウントを作成してから、設定可能となります。

私もあれこれ増やすつもりはありませんが、大手の【スクエア(Square)】は決済方法の幅が広いので、アカウントを作成しておきます。
スクエア(Square)の登録はこちら→【最短当日でカード決済導入!

【イベントなど】で、支払い方法が増えています。

新機能はこちら。(まだ未設定です)

【契約サービス】が気になったので、確認したところ現在は下記の通りでした。順次実装されます。

決済方法が増えたのは、利用者様にとっては有り難いですね。

メルマガとイベントのLPモード(ランディングページ)

【イベント・セミナー機能(単発・定期開催)】【メルマガ】【ステップメール】【ファストアンサー】などで【LPモード】(ランディングページモード)機能が増えました。

【メニューバーやその他コンテンツ】を【表示する(通常モード)】か【表示しない(LPモード)】かを選べるようになりました。

通常は下記のように、メニューバーやリザーブストック部分(青で囲んだ部分)が表示されます。

青で囲んだ部分は【ヘッダーメニュー・クレジット表示】と言い【全体設定】>【画面の設定】でエキスパート以上の契約で表示させないように設定することができます。

その下の赤で囲んだ部分(メニューバーやその他のコンテンツ)は、今回の【LPモード】で表示させない設定ができるようになりました。

上記は【表示する(通常モード)】

下記は【表示しない(LPモード)】です。

無償プランでも使えるのか検証したところ、この【LPモード】(ランディングページモード)機能は使えました。

ただ以下のように招待していただいた方の宣伝などは削除できず表示されます。

【LP(ランディングページ)モード】は他のページなどに誘導することなく、お申し込みしていただく目的で使うので、この機能が付いたのでしょうね。

そして【メルマガ】【ステップメール】【ファストアンサー】などにもこの【LP(ランディングページ)モード】の機能がつきました。

(※2022年10月28日現在の情報です)

リザーブストックご招待ご希望の方へ

リザーブストックは招待制となっております。

ご招待ご希望の方は以下の記事をご確認の上、お申し込みフォームよりお申し込みください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次