屋号「ジョイライフ」は人生への決意と約束

本日は屋号「ジョイライフ」に込められた想いと、どうしてその屋号になったのかをお話しします。

着物倶楽部時代

『想い』というほどのものはなく、普段からあることを考えていたからこうなりました。

目次

ジョイライフは数秒の思いつきの屋号

「ジョイライフ」は数秒で思いついた屋号です。

10年ほど前に、数名合同で個人事業者向けの勉強会やイベントなどを開催していました。

勉強会では講師を呼びますし、イベントは会場を借りますので無料ではありません。

個人事業主様から参加費は徴収するので、当然領収書を求める方もいます

当時は講師業をしていましたので、その屋号はありました。

ただすでに講師業とは別の活動も始めていました。

所属協会の縛りが厳しくなってきていたため、別の活動とは会計処理を分けたい時期でした。

また合同での開催でしたので、代表で誰かが領収書を発行するしかありません。

その時に咄嗟に思いついた屋号が『ジョイライフ』でした。

おもろい人生!
人生は自分で楽しくする!

ジョイライフでええやん!

Enjoy Life Joy Life そんなフレーズがどこからか湧いてきました。

人生は予想不可能、思わぬことが起こるもの

人生は必ず、思わぬことが起こるもの…、完全に予想することなど不可能です。

思い返せばその時は…
1人で3人を育て、子育てが終わりかけた頃に母を見送り、独立してなんとか頑張っていると次に父が倒れ…

ずっと平穏な日々というものがありませんでした。

自分にはどうしようもないこともありますが、自分でどうにかできることだけはどうにかしたい!

何があっても自分の人生は自分で楽しくする!と思い続けてきました。

だから、とっさに思いついたのでしょう。

ジョイライフ、楽しい人生!
もちろん造語です。

屋号ジョイライフとのお付き合いも10年目となりました

領収書発行用の思いついた屋号を、こんなに長く使うことになるとは思いもしませんでした。(笑)

ショップ名としても使い
個人事業としても使い
法人としても使い・・・

そして現在法人として新たにやりたいことがあるので、社団法人としてのホームページも作成しています。(作成途中)
このホームページのサブドメインで作成しています。

テイストは似せています。

50代60代これから介護を迎える方へ

私自身は同世代の方々より親、親戚を見送るのが少し早い方でした。

今、周りを見渡すと、これから介護、または介護が始まったという方が年々多くなっています。

子育てと違い介護は先の見通しがまったく立ちません。

子育ては後数年したら中学卒業、高校卒業、成人…と、先々の予定も必要な費用も見通しが立つので計画もできます。

ところが介護はいつ始まるか(私はある日本当に突然でした)、あと何年続くのか、状況がいつどう変わるのか、全く予想できません。

ここが結構精神的に大変です。

私はそんな時期に、あるネットショップを運営し、週末はイベントなども楽しんでいました。

日中は病院への付き添いや散歩などできることをやり、夜間に商品を作成し、夜中にポストに投函しに行ってました。
(当時は郵便局まで徒歩1分という恵まれた環境)

繁忙期は急ぎの注文なども入るので、田舎へ行くときは機械を持っていき対応するなど…
それはそれで結構大変でした。

でも、この自分の楽しみ(個人事業)があったので大変な時期を持ち堪えたのだと思います

50代60代からの人生はあっという間です。

同世代の方々なら、お分かりかと思いますが、人生はほんとうにあっという間です。

もし個人事業を始めたい、これから副業を持っていたい、好きなことで起業したいとお考えでしたら、今やり始めておかないと間に合わないと思います。

定年したら、忙しくなくなったら、介護が終わったら…ではなく、今すぐ行動に移しましょう。

資格を取るとか、勉強するなどは、ここで言う『行動』ではありません。

誰かにそのサービスや商品を試しに提供してみることです。
施術などであれば、モニターとしてさせていただくことです。

ジョイライフ、自分の人生を楽しいものにできるのは自分だけです

自分の人生は自分で楽しいものにしていきましょう。

毎日病院に通い続け、できる限り親に付き添い、自分なりの介護ができたのも、自分で時間の管理ができる個人事業だったからです。

数年前までは、買い物や病院へと親を送迎していた私も、何度か腰を痛めて息子に送迎してもらう立場になっています。

人生の時間はあっという間に過ぎていきます。

これから介護を迎える方々に、自分の楽しみとしての個人事業を今から育てていくことを…

そして個人事業をすでに始めている方は、ご自身がお店番をしなくても売れる仕組みを…

ぜひ今から考えて、整えていきましょう!

個人事業を育てるには時間がかかります。
一人でやるには強い意志が必要です。

ぜひ、グループ勉強会で一緒に育てていきましょう。

グループ勉強会では具体的にどんなことをするのか?またその他のサービスについて聞いてみたい方
またはご自身の個人事業について相談したい方は、ぜひ説明会にご参加ください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次