動画編集を学んで仕事に活かす!編集技術スキルアップは個人事業へ相乗効果

当ページのリンクには広告が含まれています。

どんなツールで動画を編集しているのですか?とよく訊かれます。

私自身は動画に重きを置いておりませんし、販売用動画を撮影しているわけではありません。
勉強会の動画を撮ったときに、不要な部分をカットしている程度ですので、動画へのこだわりはありません。

最初からiPhoneに入っているiMovieでサクッと編集する程度です。

ただ、Udemy等で動画を販売する方々はそういうわけにはいきません。
音質等についても注意を払わなければなりませんので、まず機材を揃えて上質な動画を撮る必要があります。

YouTubeやSNSなどで動画を公開することは、個人や企業にとって非常に効果的なプロモーション手段です。

考えてみると、今後ますます動画コンテンツは重要な存在となっていくでしょうね。

そのため、動画編集のスキルを身につけることは、仕事に活かすために非常に重要ですね。

自分自身のために動画編集スキルを身につけることもそうですが、そのスキルを他の方のために活かせると個人事業の幅も広がるのではないでしょうか。

ボディアート時代

好きな方はお勉強すると良いと思います。

目次

動画編集の重要性とは?

動画編集の重要性について考えてみましょう。なぜ動画編集が必要なのでしょうか?

なぜ動画編集が必要なのか?

動画編集は、ただ単に映像を繋げるだけではありません。

編集によって、映像の流れやテンポを調整することができます。

また、BGMや効果音の追加、テキストやグラフィックの挿入など、映像にさまざまな要素を加えることができます。

これによって、見る人の心を引きつける魅力的な動画を作り出すことができます。

動画編集のメリットとは?

動画編集を行うことには、さまざまなメリットがあります。

まず、映像のクオリティを向上させることができます。

編集によって、映像の見栄えを良くすることができるため、視聴者により良い印象を与えることができます。

また、編集によって、伝えたいメッセージをより明確に伝えることができます。

映像と音楽やテキストを組み合わせることで、情報を効果的に伝えることができるのです。

動画編集の需要と市場の現状

動画編集の需要はますます高まっています。

YouTubeやSNSなどで動画を公開する人が増えていることからもわかるように、動画編集のニーズは今後もさらに拡大していくでしょう。

また、企業がプロモーションビデオを作成する際にも、動画編集のスキルを持った人材が求められています。

企業で起こっていることは、個人事業の世界でも規模を小さくして起こることです。

このような市場の現状を踏まえると、動画編集のスキルを身につけることは、将来において非常に有望な選択肢となるでしょう。

動画編集の基礎知識

次に、動画編集の基礎知識について見ていきましょう。

必要な機材とソフトウェア

動画編集を行うためには、まず必要な機材とソフトウェアを用意する必要があります。

パソコンやスマートフォン、カメラなどの機材が必要です。

また、編集作業には動画編集ソフトウェアが必要です。

有名なソフトウェアには、Adobe Premiere ProやFinal Cut Proなどがあります。

これらのソフトウェアを使いこなすことで、高品質な動画編集が可能となります。

ボディアート時代

実はMacに入っているiMovieでも
結構良い動画が作れるそうです。

基本的な編集技術の習得方法

動画編集の基本的な編集技術を習得するためには、一度どこかで学ぶことがおすすめです。

インターネット上には、無料で利用できる動画編集のチュートリアルやコースがたくさんあります。

これらを利用することで、勘の良い方や持ち前のセンスの良い方は、基本的な編集技術を学べるかもしれません。

ただ、様々なケースを見てきて思うのは「独学は結局回り道」です。

ボディアート時代

50代60代には回り道をする時間がありません

効果的な映像編集のテクニックはプロから学ぶのが近道

ただ編集できれば良いということではありません。
やはり効果的な映像編集のテクニックを学ぶことが大切です。

  • 映像のカットのタイミングや角度の工夫
  • BGMや効果音の選び方や使い方にも工夫
  • どうすれば、より魅力的な映像になるか

これらのテクニックはプロから習得することで、よりプロフェッショナルな動画編集が可能となるでしょう。

着物倶楽部時代

どうせ身につけるならさっさと習って
実践をこなしていく方が早いはずです。

動画編集の仕事の種類

次に、動画編集の仕事の種類について見ていきましょう。

個人事業で真っ先に考えたいのが動画教材

個人事業で真っ先に考えたいのが動画教材です。(私がなかなか作成できないものです)

動画教材が作れると生徒募集にも役に立ちますし、教材販売が可能になります。

それは分かっておりますが販売用動画教材となると、iMovieでサクッと編集する程度というわけにはいきません。

魅力的な動画教材を作って将来販売することを目指すなら、やはり動画編集を学びたいものですね。

YouTubeチャンネルの編集業務

YouTubeチャンネルの編集業務は、今では普通に動画編集の一つの仕事です。

個人事業でも自分自身のチャンネルで公開する動画のクオリティが上がるだけで、仕事へのチャンスがアップする可能性は十分あります。

動画編集力を身につけて、魅力的なコンテンツを作り出すことを目指したいものですね。

個人事業のプロモーションビデオ制作

企業だけでなく個人事業でもプロモーションビデオは大切な、動画編集の仕事の一つです。

魅力的なプロモーションビデオで、個人事業主や商品・サービスをアピールしたいものです。

動画編集のスキルを持った人は、個人事業主間でも重宝がられるのではないでしょうか?

イベントやウェブコンテンツの編集

イベントやウェブコンテンツの編集も、動画編集の仕事の一つです。

イベントの映像を編集して、リアリティ溢れる魅力的な映像コンテンツが作れると、ホームページやSNS、様々なプラットフォームで活用できます。

ホームページやSNSで公開する動画は、視聴者の興味を引くためにも、動画編集力が求められるでしょうね。

ショート動画やストーリーズ、リール等、まとまってシリーズとして動画作成を外注する方も増えるでしょう。

個人事業としての動画編集

次に、動画編集を個人事業として行う場合のメリットについて見ていきましょう。

動画編集のフリーランスとしてのメリット

すでに個人事業をされている方も、動画編集力を身につけると副業・フリーランスとして、個人事業繋がりで仕事の依頼を受けることもできるでしょう。

きちんとした仕事の積み重ねが、次の紹介に繋がるはずです。

動画編集を仕事として自分のペースで進められると、自由な働き方が可能です。

副業のつながりが、本業の個人事業のつながりを広げる可能性もあります。

本業との相乗効果でお仕事を回していける可能性も十分あります。

お客様の探し方と仕事の受け方

お客様の探し方や仕事の受け方など、順番も重要なポイントです。

最初はモニターでも良いので、まずスキルを磨くことからです。

スキルアップして良い仕事ができると、満足したお客様は次のお客様を紹介してくださいます。

もちろんその時に紹介キャンペーン等をするのも効果的です。

徐々にSNSやウェブサイト、口コミなどを活用して、自身のスキルや実績をアピールすれば良いでしょう。

目の前のお客様に誠実に向き合って、コミュニケーションを大切にし、丁寧にお仕事を請け負っていきたいものです。

動画編集のスキルアップ方法

次に、動画編集のスキルアップ方法について見ていきましょう。

動画編集を学んだだけではスタート地点に立った状態です。

そこから学びを活かして実践をどれだけ積んでいくかが重要です。
個人事業と同じですね。

身近な人から実践的な機会をいただく

動画編集のスキルを磨くためには、実践しかありません。

例えば、友人や知人の依頼を受けて動画編集を行い、しっかりご感想をいただいて実力を磨いていきましょう。

  • 知人、友人からもらった意見をフィードバックする
  • ユーチューブやブログ、SNSで配信する
  • コンテストやイベントなどに参加する

他人の目に触れて、フィードバックを受けて、また改善していくことが、自身の動画編集力のスキルアップにつながります。

他の編集者との交流と学びの場の確保

他の編集者との交流や学びの場を確保することも重要です。

例えば、編集者のコミュニティやイベントに参加することで、他の編集者との交流ができます。

また、定期的に勉強会やワークショップに参加することで、最新の編集技術やトレンドを学ぶことができます。

あと参加するだけでなく、自分が主催者になることで、さらに個人のつながりを増やしていくことも可能です。

これによって、動画編集のスキルアップだけでなく人脈を広げることもできるでしょう。

最後に動画編集の将来性と可能性

最後に、動画編集の将来性と可能性について考えてみましょう。

動画コンテンツの需要の拡大

動画コンテンツの需要は今後も拡大していくと考えられます。

インターネットの普及とWi-Fi環境の向上により、動画を視聴する人は急激に増えています。

また、SNSや動画配信サービスの発展により、動画コンテンツの需要はますます高まっています。

動画編集のスキルを持つことは、将来において非常に有望な選択肢となるでしょう。

動画編集スキルで周りの方の役に立とう

個人事業をしながら、周りの個人事業主のために、動画編集のスキルを磨いていくことは決して無駄にはならないはずです。

まず自分自身の動画コンテンツの訴求力は確実にアップします。

動画編集のお仕事で、ご縁を広げていくことは個人事業の広がりを考えた上でもメリットしかありません。

動画編集に興味のある方は説明会や資料請求をして、比較検討してみると良いでしょう。

ボディアート時代

ピンときたら即行動!それが新たな未来へ繋がります。

動画編集、おすすめの学び方を紹介!

パソコンが苦手な方にはお勧めしません。
多少なりとも動画編集をやったことがある方々にお勧めします。

動画教材エディター養成コースで認定資格を学ぶ

動画教材を作りたい方はこちらがお勧めです。

キャンペーン価格で受講できるそうです。(通知リストに登録)
オリジナル講座で、格ジャンル実績者3名のプロ講師によるカリキュラムです。
動画教材+グループセッション+コミュニティ+OJT(実地研修)による充実の内容です。
養成コース修了後、資格認定があり、資格取得者には見込客を紹介するコースもあるそうです。

【募集中】学びを動画にする専門職「動画教材エディター養成コース」

他におすすめの方法があればまた載せますね。


プロフィール

シングル歴25年、ずっと何某かのダブルワークをしながら3人を育てる。
10年以上前に母、数年前に父を見送り、子どもたちの巣立ちの感動を味わうことなく怒涛の日々の後、さらに地震と台風でダメージを受けるが、引っ越しののち今は嘘のように平穏無事に暮らしている。

もともと会社勤め時代に職場に取り入れたいと考えた『民間資格』を取得したことが、リーマンショックの後から自分で小さく副収入を得ることに繋がる。
カルチャー講師なども経験し、ご縁をいただいた上海でもセミナーを何度か開催。

誘われて始めたエアブラシボディアートにハマり、様々な子ども向けイベントに出店する一方で、ボディアートボディジュエリー用のステンシルのネットショップも開設運営し、全国に愛用者がいた。

自分の経験から、ライスワーク(本業やバイト)をしながら、まずは自分で小さく稼ぐ経験をすることが現実的だと考える。
特に体力と気力が落ちる60前後より50代から準備をしておく方が有利と考える。(老眼も辛い)
(もちろん60代からのスタートでも頑張れば実現可能)

普通のおばさんなので、キラキラ起業とかには一切興味なし。
本当に自分のやりたいことを地道に積み重ね、真っ当に収入を得ることが結局長く続く秘訣と信じている。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次