リザストでStripe(ストライプ)決済連携時のご注意

50代前後から小さく起業する女性を応援してきたジョイライフのヤマガミです。
『小さな起業』『ひとり起業』『ひとり社長』を本気で頑張るパソコン苦手な女性を応援しております。

リザーブストック(リザスト)ではStripe(ストライプ)というカード決済機能を連携できるようになりました。

PayPal(ペイパル)決済と共に連携しておくことをお勧めしています。

PayPal(ペイパル)のアカウントを作るのが面倒(または作成できない)というお客様にとっては、カード決済も選択できるのは有難いですよね。

今回は、Stripe(ストライプ)決済連携時の注意事項を記載しておきます。

ボディアート時代

グループ勉強会などでの説明時のための備忘録です。

目次

PayPal(ペイパル)、Stripe(ストライプ)は使わなくても良いので連携しておこう

PayPal(ペイパル)、Stripe(ストライプ)は手数料がかかるから使いたくないという方もいらっしゃいますが、普段は使わなくても良いので、連携しておくことをお勧めします。

急なお仕事の依頼があり、お支払いを受けなければならなくなった時、お客様の手を煩わせることなくその場で決済できる仕組みを用意しておくともしもの時に役に立つからです。

リザーブストック(リザスト)の管理画面で【全体設定】>【決済連携(PayPal Stripe)】の画面から『リザーブストックのStripe連携の設定方法』『リザーブストックのPayPal連携の設定方法』をクリックするとそれぞれの詳細説明ページに行きます。

詳しい連携方法はそちらにあります。

Stripe(ストライプ)は申請に時間がかかる場合がある

Stripe(ストライプ)は申請が通るまで、場合によっては1ヶ月かかります。(現在は早くなっているようです)

また申請する前に、必ず管理画面【全体設定】>【特商法表記】>【特定商取引法に基づく表記】のページをしっかり記載しておいてください。

特に住所を番地まで記載していなければ申請が通りません。

ボディアート時代

私がそうでした。住所表記でJCBの審査落ちしました。

着物倶楽部時代

おかげで2ヶ月かかりました。
あの時は申請に時間もかかっていましたので…

またPayPal(ペイパル)は個人アカウントをビジネスアカウントにアップグレードしなければなりません。

その際PayPal(ペイパル)から送付される確認コードが届くまで数日かかりますので、急ぐ方は早めに済ませておきましょう。

その他の注意

以下はStripe(ストライプ)のシステムの中のお話ですので、忘備録的に現時点での状況を記載しておきますが、仕様変更などにより情報が古くなる可能性もあることをご了承ください。

Stripe(ストライプ)がJCBカードで支払いができない

Stripe(ストライプ)がJCBカードで支払いができないケースがあります。

これはお客様のカードによるものではなく、お店側(個人事業主側)のStripe(ストライプ)の設定状況によるものです。

Stripe(ストライプ)ではJCBへの登録が自動で行われている場合と、 JCB へのアカウント登録をしなければならない場合があるそうです。

→詳細はこちらの『日本アカウントにJCBカードを導入』をご覧ください。

Stripe(ストライプ)の先ほどのページには以下のように記載されています。

新規 Stripe ユーザ
新規の Stripe ユーザは、自動的に JCB への登録が行われます。

既存 Stripe ユーザ
Stripe アカウントを既にお持ちの場合は、ダッシュボードの支払い方法セクションで JCB へのアカウント登録を行うことができます。有効にするボタンをクリックすると、申請プロセスが開始されます。

ボタンが表示されない場合、お客様の情報は既に JCB に送信されています。

審査において、JCB より、お客様またはお客様の事業に関する情報の提出を別途求められる場合があります。その場合は、メールでご連絡いたします。

今から登録される方には関係ありませんが、すでに登録されている方は確認した方が良いでしょうね。

Stripe(ストライプ)の管理画面で【設定】を開けて確認します。

私もJCBの審査に通っているのでてっきり連携できていると思っていました。

ところがダッシュボードの支払いセクションを開くとこのように表示されました。

JCB カードによる支払いは入金が可能になるまでに 30 日かかる

入金のタイミング: JCB カードによる支払いは入金が可能になるまでに 30 日かかります。』というのが気にはなります。

ですが、お客様に迷惑をかけるわけにはいきませんので、JCBも設定しておきました。

リザーブストック(リザスト)で決済方法が増えたのは、お客様にとっても有難いことですね。

特に50代60代がお客様だと、PayPalのアカウントを作成できない方もいらっしゃいましたので、Stripe(ストライプ)決済ができると便利だと思われます。

ただし、契約サービス(定期支払いサービス)では、複雑な支払い方法はStripe(ストライプ)ではまだできませんので、PayPal(ペイパル)での設定をお勧めします。(以下の記事を参考にしてください)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる