個人事業を長く継続させるための秘訣:教室歴43年のピアノの先生のお話

50代前後から小さく起業する女性を応援してきたジョイライフのヤマガミです。
『小さな起業』『ひとり起業』『ひとり社長』を本気で頑張るパソコン苦手な女性を応援しております。

今回の個人事業応援シリーズは、個人事業を長く継続させるための秘訣として、奈良でピアノ教室を43年続けてこられたピアノの先生にお話を伺いました。

43年ともなると、二世代にわたってレッスンに通われる親子様もいらっしゃるそうです。

親御さんの親が付き添って通われて、そのお子様が親となり今度はお子様を連れてこられるのですから、先生は実際には3世代の親子を見てこられたというわけですね。

着物倶楽部時代

何組もの親子様とご縁があるなんて、素敵なお話ですね。

目次

ピアノ教室43年、個人事業を長く継続するための秘訣

ピアノ教室を43年間継続してこられたということは、同じことを繰り返してこられたわけではありません。

また先生の教室は長く教室に通われる方々ばかりなのです。(退会率が非常に低い

それだけではありません。
なんと、親御様が皆、レッスンに立ち会うそうです。

先生の教室では、お子様によって教材も声がけも指導法も皆違うそうです。

飽きないように、自主的に練習に取り組めるお子様になるように、どのような声がけをすれば良いのか、親として学べることがいっぱいあるので、親御様も『勉強になるわー』と感心して同席されるそうなのですね。

生徒の幸せな未来を育てよう【前半】
生徒の幸せな未来を育てよう【後半】

そんな教室の様子や先生が心掛けてこられたことなど、ピアノ教室の先生だけでなく個人事業主にとっても、さまざまなヒントがあります。

またこちらの動画を文章にして、要点などを書き込んだPDFも今だけ無料でダウンロードできます。

動画を見るのが面倒と思われる方は資料をどうぞ。
ご希望のかたは下記からお申し込みください。

ボディアート時代

私は動画を見るより、手っ取り早く文章で読みたい方です。
ただ微妙なニュアンスが話し言葉の方が伝わる場合もあります。

無料ダウンロード資料の目次

【目次】

  • 藤井ピアノ教室が大事にしてきたこと
  • 藤井ピアノ教室のレッスンの特徴
  • ピアノでつちかった忍耐力、努力、頑張る気持ちは人生を豊かにする
    • 藤井ピアノ教室の大きな特徴
    • 保護者参加型の教室
    • 保護者の参加が家庭での練習の質をあげる
  • 言葉の使い方で思考を良い方向に変えていく
  • ピアノ教室を長く運営してきた秘訣
  • ピアノ教室運営や個人事業を継続するために必要なもの
  • ピアノ教室の先生に向けたお話会について
  • ピアノ教室運営や個人事業に最も必要なこと
  • 藤井先生のお話会に参加してほしい方
  • 藤井先生が共有したい理想のピアノ教室
  • プロフィール
着物倶楽部時代

ダウンロード資料には私からも伝えたい、大事なチェックポイントなどを記載しています。

ボディアート時代

資料の一部です。

人生の大切な一部に関わる責任と楽しさ

先生の素晴らしいところは、ピアノを教える技術はもちろんのこと、生徒様の未来を、将来を見据えてレッスンをされていらっしゃるところです。

生徒様の未来を想うからこそ、大切な生徒様の人生の一部に関わる責任感と、溢れる想いがそこにあります。

親御様にとっては一緒に子育てをしてくださる強い味方なのですね。

だからこそ、親御様は言わなくても自主的にレッスンを毎回見学していかれますし、親子2世代(正確には3世代に関わっている)で教室に通われる方々もたくさんいらっしゃるわけです。

なかなかここまで熱い想い、強い信念をお持ちの先生には出会えないと思います。

個人事業を長く続けるための秘訣やヒントをぜひ先生のお話から学んでください。

先生は昨年より、ピアノの先生に向けての、お話会なども開催されていらっしゃいます。

ZOOMでのお話会なので全国どこからでも参加できますので、ご興味のある方はぜひご参加ください。

ボディアート時代

詳しくは動画の概要欄に載せています。

メルマガ登録はこちら

ジョイライフ公式メルマガのご登録はこちら
『50代からの自分サイズ起業、楽しい人生を応援』

不定期に個人事業を継続して育てていくための考え方、お話し会・勉強会情報などをお届けします。登録後すぐにバックナンバーも読めます。

プロフィール

シングル歴25年、ずっと何某かのダブルワークをしながら3人を育てる。
10年以上前に母、数年前に父を見送り、子どもたちの巣立ちの感動を味わうことなく怒涛の日々の後、さらに地震と台風でダメージを受けるが、引っ越しののち今は嘘のように平穏無事に暮らしている。

もともと会社勤め時代に職場に取り入れたいと考えた『民間資格』を取得したことが、リーマンショックの後から自分で小さく副収入を得ることに繋がる。
カルチャー講師なども経験し、ご縁をいただいた上海でもセミナーを何度か開催。

誘われて始めたエアブラシボディアートにハマり、様々な子ども向けイベントに出店する一方で、ボディアートボディジュエリー用のステンシルのネットショップも開設運営し、全国に愛用者がいた。

自分の経験から、ライスワーク(本業やバイト)をしながら、まずは自分で小さく稼ぐ経験をすることが現実的だと考える。
特に体力と気力が落ちる60前後より50代から準備をしておく方が有利と考える。(老眼も辛い)
(もちろん60代からのスタートでも頑張れば実現可能)

普通のおばさんなので、キラキラ起業とかには一切興味なし。
本当に自分のやりたいことを地道に積み重ね、真っ当に収入を得ることが結局長く続く秘訣と信じている。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる