起業は実践・経験の量が重要!だから50代60代は少しでも早く始めよう

50代前後から小さく起業する女性を応援してきたジョイライフのヤマガミです。
『小さな起業』『ひとり起業』『ひとり社長』を本気で頑張るパソコン苦手な女性を応援しております。

50代60代パソコン苦手で個人事業はやったことがないけれど、興味があるという方は増えています。

もしこれから個人事業を始めたいと本気でお考えでしたら、できるだけ早く始めることをお勧めします。

個人事業経験者でも、軌道に乗せるまでは時間がかかります。未経験者なら尚更時間がかかります。

やりたい分野や仕事があるのなら、まずは経験(実践)を重ねておくことが大事です。

着物倶楽部時代

今日は私自身の体験談を例としてお話しします。

ボディアート時代

以下の勉強会などでご縁のあった方には、お話ししたこともあります。

目次

個人事業を始めるのは簡単、続けるのは大変

個人事業は始めるのは簡単です。

形式だけなら開業届を出しさえすれば、起業したことになります。

ただ、何の準備もないまま開業する人はいないでしょう。

資格を取ったとしても、やはりその分野での準備期間は必要です。

そして起業してから上手くいくかどうかは、その準備期間に何をするかが決め手とも言えます。

そう、実践経験をどれだけ積み重ねたかが道を開いていく鍵です。

個人事業を軌道に乗せるために準備期間に何をするか

個人事業を軌道に乗せるために、その準備期間に何をすると良いのでしょう。

起業セミナーや起業塾に行くのも良いかもしれませんが、まずはその仕事に関する技術や知識を徹底的に磨くことです。

具体的には、大勢のモニターを通して実践することで技術を磨いたり、スクールで学んだこと以上に独自に学びを深めて様々な方々に提供したり…

とにかく自分の技術や知識に自信が持てるまで、実践し続けること以上に大事なことなどありません。

これはまずは個人事業として何をやりたいかが明確か、そうでないかで若干かける時間が異なります。

個人事業で何をやりたいか明確な方

個人事業で何をやりたいか明確な方は、徹底的に実践することで技術やサービスを磨きましょう。

私の場合はエアブラシボディアートにハマって1年間は、あちこちで無料または低価格で提供させていただきました。

そうやって技術を磨くと同時に、老若男女に提供することで、自分の対象にしたい顧客を明確にしていきました。

ここで長年育児相談や、親子向けのある技術提供をしていた私は、親子相手が得意だということを再認識し、子どもの笑顔に出会えることに幸せを感じました。

そして経験を積んでちょうど一年後、地元の大きなイベントへの2日間の参加(抽選)が決まりました。

そしてイベントの1ヶ月前から50デザインを自分で考え、子どもたちがお小遣いでボディアートができるように、ステンシルシートを手作りしました。

準備期間中にステンシルシートの作り方も学び、あちこちで提供するためにこの技術も一生懸命練習していました。

そして2日間のイベントは終日ブース前に並んでいただき大盛況!
たくさんの子どもたちの笑顔に出会うことが出来ました。

ボディアート時代

私に取っては、このイベントがデビューのようなものでした。
それまでの1年は完全に準備期間です。

そして、子どもたちに大人気だったステンシルシートを、全国の子どもの笑顔に出会いたいボディアート職人さんたちに向けてかなり特殊な方法で販売することにしました。

子どもの笑顔の出会えるという幸せをお裾分けしたかったのですね。

この時に使ったのがジンドゥ(Jimdo)という無料のホームページです。

1年の準備期間にやったことは…

  • 技術を磨き実践を積むこと
  • 実践した写真を撮っておくこと
  • 自分でもイベントを開催
  • 自分の強みと顧客を明確にすること
  • オリジナル商品を考えること
  • 商品の理念を明確にすること
  • 販売用のホームページを作ること
着物倶楽部時代

最初は家にあった古いキャンプテーブルとパラソル、そして布、手作り看板(パウチ)でした。

ボディアート時代

この準備期間は本当に全てが面白くて、楽しんでいました。

個人事業で何をやりたいかまだ決まっていない方

個人事業で何をやりたいかまだ決まっていない方もいらっしゃることでしょう。

でもこれまでの人生を振り返って、得意なことや好きなことはあったはずです。

くれぐれも勘違いしないでください。

(仕事になりそうな)得意なことや(儲かりそうな)好きなことではありません!

純粋に好きなこと、情熱を注げることで誰かの役に立ちそうなことです。

それを必要な人に徹底的に提供することを準備期間にやりましょう。

こういう方の場合は、準備期間は数年かかると覚悟しておきましょう。

着物倶楽部時代

まずはGIVEの精神で、惜しみなく提供していきましょう。

現在私は50代60代パソコン苦手な同世代に、パソコンや様々なWebサービスの使い方を教えています。

実はこれは最初から仕事として始めたわけではありません。

パソコンはDOSからWindowsに変わった頃から仕事で使っていました。
なのでその後転職したり、最初の個人事業を始めた時から同世代よりは使えました。

ホームページやブログのカスタマイズや、Webサービスも必要なら独学で勉強していました。

そして様々な勉強会などを開催するうちに、知り合った方々からパソコンのことで相談されるようになりました。
お悩み事の解決に出張して対応させていただいたことも多々あります。(本職でもないのに…)

ホームページを安価で作成させていただいたり、地元の公的機関に提供させていただいたり、様々なお悩み事の解決に対応させていただきました。

これこそが、(今考えると)現在の仕事の準備期間になっていたわけです。

準備期間は何年だったか分かりませんが、この仕事の準備期間にやったことは…

  • 相談者のお困りごとに対応させていただいたこと

ただこれだけです。

着物倶楽部時代

この準備期間は私でお役に立てるなら…という気持ちで、知り合った方々や、紹介していただいた方々に対応させていただきました。

ボディアート時代

ホームページを作ることはとても楽しいのですが、パソコンを触るのは肩こりや指の痛みがあるので、あまり好きではありませんでした(笑)

準備期間中に個人事業のニーズが明確になる

個人時事業を始めると言っても、どこにニーズがあるかはやってみなければ分かりません。

だからこそ準備期間が必要になります。

準備期間に実際の現場を出来るだけ多く体験し、自分のサービスや技術、商品が誰の役に立つのかを明確にしていきましょう。
しっかり自信がつくまでが準備期間です。

そして準備期間を経て、デビュー(起業)となります。

そこからさらに、ご自身の商品を磨いて磨いて、紹介をいただけるまでは広告などに頼らず、できれば口コミだけで頑張っていきましょう。

ただご紹介いただけるようになった時は、どこからでも見れる看板(ホームページやブログなど)が必要になります。
それまでに準備しておきたいものです。

これについてはステップメール内で詳しくお伝えしています。
▼   ▼   ▼   ▼  

ホームページやブログが勝手に集客するわけではない

個人事業はホームページを作れば上手くいく、ブログを書けば集客できるわけではありません。

ホームページが集客してくれるようになるには、しっかり育てていく必要があります。
(それはプロでもそう簡単ではありません)

私は最初は無料ホームページ作成ツールのジンドゥ(Jimdo)でステンシルを販売し始めました。

検索ワードやお客様側からの導線などを工夫をしながらホームページを育て、販売できることが分かってから有料のショップサイトに切り替えました。

それまで銀行振込だけでしたが、急ぎのお客様がカード決済をご希望されたので、某サービスでショップサイトを作りました。(モールではありません)

その時もそれなりにセミナーに参加するなどして勉強はしました。

ホームページを作りさえすれば集客できるわけではありません。
またホームページを育てるというのは、そんなに簡単なことではありません。

検索ワードや動線を試行錯誤しながら、ホームページを育てるから検索上位に上がってきて、お客様に探していただけるようになるのです。(それでも簡単に上位表示されるわけではありません)

個人事業を始めたら、まずは目の前のお客様に満足していただくことに集中することです。
そしてその実例をホームページやブログに反映させていくと良いでしょう。

そして自分の強みを活かしたメニューを整え、リピートしていただける仕組みを考え、繋がっておくために必要なツールや動線を考えて、ホームページやブログも整えながら、余力があれば、SNSなどで発信していきましょう。

そうやってしっかり個人事業を育ててから、ホームページやブログにお金をかけていけば良いのではないでしょうか?

50代60代こそ、個人事業という希望を手に入れてほしい

50代60代は家族の変化や親の介護、自分の環境や仕事の変化などがこれから起こる世代です。

私も個人事業という仕組みを作っていたから、介護の片手間に自分の楽しみを持つことができました。
それが有るのと無いのとでは大違いです。

日中は送迎や付き添いなどで時間が取られます。
ステンシルシートを作成して送ったり、メールのやり取りなどの作業は、全て夜間にやっていました。

ボディアート時代

そのとき普通にお勤めをしていたら、辞めざるを得なかったと思います。

現在はサポートなどの仕事は、ほぼ午前中と夜間にさせていただいております。

どのようなお仕事でも、しっかり個人事業として育てた後には、次にある程度仕組み化することは可能です。

これから自由に使える時間を確保するためにも、ぜひ50代60代パソコン苦手でも、自分の得意を生かして、或いは好きなことをやり続けて、個人事業として育ててほしいと思うのです。

ただ個人事業を育てるには、準備期間を含めて早くて2〜3年、遅くて5年はかかります。
(これは、ちゃんと準備期間に経験を積み重ね、起業してからも正しい努力を積み重ね続けた場合です。)

多くの方々は起業しても継続することが出来ません。
実績を作る段階で諦めてしまう方も多いでしょう。

そうならないためにも、まずは自分のやりたいこと、好きなこと得意なこと、熱意を込められること、使命感を持ってできることを、周りの方々に提供し続けていくことから始めましょう。

ボディアート時代

私たち世代こそ、ぜひ個人事業という希望を手に入れましょう。

ステップメールはこちら

ジョイライフ式成功法則『個人事業の育て方〜リアルとWebで正しく育てよう〜』

必要なのは貴女の行動力とやる気だけ!本当の個人事業の育て方はシンプルです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる