商品作りの発想とキャッシュポイントのアイデアを鍛えよう

50代前後から小さく起業する女性を応援してきたジョイライフのヤマガミです。
『小さな起業』『ひとり起業』『ひとり社長』を本気で頑張るパソコン苦手な女性を応援しております。

個人事業を始めたら、与えられた商品や講座以外に自分ならではの商品や企画作りの発想と、何がお金になるのかのアイデアを柔軟に考えられるようになって欲しいと思います。

着物倶楽部時代

自分には商品なんて作れないと思うのではなく、どんな人にも商品は作れると思い込んで欲しいのです。

ボディアート時代

私もただひたすら面白がってボディアートをして1年・・・そこから色々発想が湧いてきました。

目次

前職でどんな仕事をしていたかで発想力が異なる

私が個人事業を始めたときに、生徒さんや同業者を見ていて感じたことですが、それまでの経験や前職でどんなお仕事をしていたかによって、発想力が全く異ります。

私はある職場で企画をしていたので、教室や講座を開催するだけでなくいろんなことをやりました。

通常は資格を取ったらその資格で教室を開いたり、講座を開催したり(セミナー)するのが一般的だと思います。

そもそも資格を取ったとしても、その資格を使って実際に教室開催やセミナー開催をするところまでいく人は、半数くらいでしょうか・・・

着物倶楽部時代

もっと少ないかも知れません。

ボディアート時代

もちろん私も取っただけで終わっている資格もあります。

資格を生かすところまで行こうとする人がそもそも少ない

資格を取っただけ、勉強しただけで終わるのも、全く自由です。

私も勉強しただけで終わっているものもたくさんあります。
資格はあるけれどそれを生かしたいとは思わないというものもあります。

ただ『これは絶対生かしたい!』と思って取ったものは、『何が何でも元を取るまで頑張る!』と決めてやってきました。

そうすると、はっきり形は見えなくても、なんとなく目標のビジョンがあります。
そこへ行くまでに何が必要かを考え、とりあえず出来ることから準備します。

ブログを始めたのもそうでしたし、ホームページを作成したのもそうでした。
また人に勧められて始めたSNSもありました。

その一方でブログを書くために、SNSを活用するために必要な勉強会を開催していました。
自分のために、人のために・・・これが現在の原点です。

行動しなければ必要なものが分からないし、人の声も集まらない

何を始めるにしても、まずは行動してみなければ実際に必要なもの、足りないものなど分かりません。
またリアルな人の声も集まりません。

必要と思ってもらえるかどうか、楽しんでもらえるかどうか、役に立たせていただけるかどうか・・・
頭の中で考えていても、何も始まりません。

リアルに動くのは最初は怖いかも知れません。
それでもやるしかなければ、自分に自信がつくまで実践練習するしかありません。

まずこの時点で、個人事業が初めての方は、足が止まってしまうかも知れません。

そこでこの最初の壁を突破できる人と出来ない人の違いを考えてみました。

突破できる人は、壁を乗り越えられない壁とは思っていません。

乗り越えた先のビジョンしか見ていません。
ただら壁を乗り越えていくこと自体を楽しんでいます。

着物倶楽部時代

昔の生徒さんでも『資格を取ったら◯◯で教室をやる!』と決めている人は資格を取るのも、教室を開くのも早かったです。

ボディアート時代

その一方でなんとなく将来役に立つかも…という姿勢で取り組む人はあまり早いとは言えなかったかも。

やりたい気持ちとやらなければならない状況が追い込むのは事実

とにかく個人事業は、やらなければならないことが次から次へとたくさん出てきて終わりません。
そしてその一つ一つがいちいち面倒なことばかりです。

これを乗り越えられるのも、やりたい!という気持ちと、やらなければならないという状況だと思います。

やりたい気持ちさえあれば、長い道のりでも少しずつ前へ前へと進むことができます。
またやらなければならない状況や、何がなんでも元を取るまで頑張ると思える人は、ひたすら頑張ります。

どちらも原動力にはなりますが、やはり自分自身の
『やりたいと思う気持ち』
『楽しいと感じる気持ち』
『ワクワクする未来のビジョン』
そういうものを大切に、明確にしておきたいものです。

個人事業に必要な企画力と発想力

さて、面倒なことをこなしていかなければならないのが個人事業ですから、自分の苦手な部分やできないことは、得意な人に頼んで、自分がやるべきことに集中していきたいものです。

そして個人事業のこれからの展開を支えるのは、商品作りや、イベントやきっかけ作りなどの企画力です。

サロンや教室で待っているだけではお客様には出会えません。
人に会うために、自分の会いたい人に会うために、いろいろ行動し続けて行かなければなりません。

また自分が一生懸命取り組んだ後に、自分の何がマネタイズできるのか、どこに小さなキャッシュポイントがあるのかに気づく力も大切です。

スクールで習うこと以外に出来ることがたくさんあるはずです
そしてそれは個々の背景(仕事や生活)が異なるように、一つとして同じものはありません

何をしたらいいのですか?と人に訊くのではなく、自分には何ができるのか?を自分に問うていかなければなりません。

着物倶楽部時代

自分の頭で考えてから、人に意見を求めるのと、最初から人に訊くのではその後の成果が全く異なります。

ボディアート時代

自分であれこれ考えて行動できる人は、結局やり続けるし、結果が出るのは当然だと思います。

これから個人事業を始める人に乗り越えて欲しいこと

これから個人事業を始める人は、これまでの社会(世界)とは別の枠の中に飛び込むことになります。
そこではより個人の力や個性が試されます。

先生や先輩に習っていた場所から離れて自分の足で立ち、自分で考えて行動していく力が最も必要になります。

商品そのものやイベントや講座、セミナーや出会いのきっかけ作りの企画力
何が商品になるのか、どんな人がお客様になるのかという発想力

最初は全くアイデアも浮かばないかも知れませんが、ぜひ意識して乗り越えて欲しいと思います。

最初は同業者を参考にしたり、他業種からアイデアを頂いたり・・・
別に特別なアイデアでなくても、小さなもの、普通かも知れないものから始めるのもありです。

行動し続けるうちに、お客様、或いは同業者を見て気づく力は養えるでしょう。

着物倶楽部時代

ぜひ自分のやりたいこと、楽しみ、それをどう商品にしていけば良いのかを、自分の頭で考えていきましょう。

ボディアート時代

『意識を向けること』をするかしないかが、今後の大きな違いとなっていきます。

着物倶楽部時代

失敗を恐れず、楽しみながら出来ること、小さなことからチャレンジして参りましょう。

発想力と企画力をupするきっかけになる勉強会

そんなことをつらつらと考えておりましたので、良い機械なので勉強会を開催します。

個人事業が初めての方、長年同じことをやっていて発想力が鈍ってきているという方にもご参加いただけます。

自分のキャッシュポイントは意外と気が付かなところにあったりするものです。

ぜひきっかけ作りにご参加くださいませ。

あわせて読みたい
定期開催決定!発想力と企画力UP!キャッシュポイント発掘勉強会 私は過去にエアブラシボディアートにどハマりして、最初の1年はあちこちのイベントに出店し老若男女に施術していました。 それから、やはり自分は子どもたちの笑顔に会...

音声データPodcastのこと

今回の内容を音声でとってみました。

商品作りの発想力と企画力を鍛えよう

プロフィール

シングル歴25年、ずっと何某かのダブルワークをしながら3人を育てる。
10年以上前に母、数年前に父を見送り、子どもたちの巣立ちの感動を味わうことなく怒涛の日々の後、さらに地震と台風でダメージを受けるが、引っ越しののち今は嘘のように平穏無事に暮らしている。

もともと会社勤め時代に職場に取り入れたいと考えた『民間資格』を取得したことが、リーマンショックの後から自分で小さく副収入を得ることに繋がる。
カルチャー講師なども経験し、ご縁をいただいた上海でもセミナーを何度か開催。

誘われて始めたエアブラシボディアートにハマり、様々な子ども向けイベントに出店する一方で、ボディアートボディジュエリー用のステンシルのネットショップも開設運営し、全国に愛用者がいた。

自分の経験から、ライスワーク(本業やバイト)をしながら、まずは自分で小さく稼ぐ経験をすることが現実的だと考える。
特に体力と気力が落ちる60前後より50代から準備をしておく方が有利と考える。(老眼も辛い)
(もちろん60代からのスタートでも頑張れば実現可能)

普通のおばさんなので、キラキラ起業とかには一切興味なし。
本当に自分のやりたいことを地道に積み重ね、真っ当に収入を得ることが結局長く続く秘訣と信じている。

お問い合わせ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる